ミっチミチのコルコバード

すっかり夏日でした〜

秋葉原PAGODA時代から、なんのかんのずっとご縁まみれのガソリンズが、地元多摩でライブを企画してくれました。

CANVAS OF MUSICになってから、意外とバンドでご一緒することが少なかったガソリンズ。一緒に映画などは作ってましたが…

会場は、地元・多摩センターのサンリオピューロランド

の、裏にあるライブバー「コルコバード」

彼らもしばらく音源制作でライブがご無沙汰だったのだけど、すっかり曲が入れ替わって新しいバンドになっていた!メロディも構成も複雑になって、情緒にあふれた演奏とかえちゃんの歌が、しみじみ空間を浸してゆく感じ。進化してるなぁ。すごい。

他の対バンのみなさんは、かえちゃんの通ってる音楽スクールのご学友のようで、アットホームな雰囲気。お酒も進みかなりテンション高めで、怯えるCANVAS OF MUSICのメンツ…w

カンバスは、最初はエレピをお借りして僕がセンターの通常の立ち位置でやるつもりだったんだけど、ドラム横の壁際に設置された古いアップライトピアノをちょこっと鳴らした時に、調弦は甘くてホンキートンクなんだけど、鳴りが物凄くて指先にビシビシくる感じ。これは…弾きたい!ということで急遽僕がステージの奥に詰め込まれることに。

ミッチミチに狭いんだけど、コクピット感がすごくて…

落ち着く…

うえっちのドラムの振動と、シンバル叩いた時にくるそよ風をダイレクトに背中に感じながらのプレイは思いの外、やりやすくて気持ちいい!このポジション、いいな…これからもこのスタイルでいきたいぞ。

ここ最近、ベースのさとなをにもメインで歌ってもらってる「好きな人」なども組み込んで、見た目的にもええ感じの流れになったでしょうか。僕はカゲソロになります。

先日の某コンテストでの鬱憤を晴らすかのよう(?)に、最初のT.O.Yからメンバーも僕もテンション高い演奏で、お客様もグイグイ乗ってくれて、ひさしぶりに「嗚呼ライブった!」という高揚感にまみれた夜でした。楽しかった〜

ご一緒したみなさん

S●RA
なのはな
R&R

ありがとうございました!

あ、コルコバードのエビピラフを食い損ねている…

<セットリスト>

  1. T.O.Y
  2. あなたに
  3. 好きな人
  4. もっと遊ぼう
  5. 天秤座への旅

 

いくつかのライブと俺とお前と参加賞

怒涛の5月ライブWeekを終え、
パスタばっかり食べている関口です。
ちわー

5/3は、4月からマンスリーで行っている、日吉Napでのアコースティックライブ、そして5/5は吉祥寺音楽祭のコンテスト決勝大会でした。

撮影:ガソリンズ 中西くん

コンテストは、1曲めの「空想のもらたすもの」の歌い出しの歌詞で思いっきり捻挫するという、あるまじきミスから始まりましたが、緊張と高揚のミルフィーユの中、あの空間で演奏できた事は大変貴重な経験になりました。

撮影:ガソリンズ 中西くん

残念ながら入賞はなりませんでしたが、参加賞のビール1ケースを開封するときのメンバーの笑顔が一番のトロフィーでした(カメラ目線)

撮影:POP RADIO 知子様

パンチョの大盛りナポリタンベーコン乗せも食えたし、満足!わざわざ会場まで足を運んでくれた皆さん、思念を飛ばしてきてくれた皆さん、会場でご一緒した皆さん本当にありがとうございました。


さてどんどん時間は流れていきますよ。

今年の夏までのスケジュールも組まれてきましたので、お時間あればぜひお寄りください。

ちょっと変わったところですと、5/22のナカノステレオでのライブは「GO AROUND JAPAN 2017」の出演をかけたオーディション…なのです。ヒゲメガネフォークデュオ「グリドルズ」の名義で出演します。あ、いつものグリドルズじゃなくて、関口と藤元のソロ曲を混ぜた編成です。

8月以降はしばらく音源制作に没頭したいと思います。
実は来年の年明けになると…

我らCANVAS OF MUSICは

結成10周年なのです!

 

なにかしたい…!

ってことでこの先のライブの情報はこちら

↓↓↓↓↓↓↓

NEXT LIVE SCHEDULE

 

2017/2/25 Afternoon Tea Music Vol.1

フジモンとの共同開催による、しかもランチどきの昼イベント

「Afternoon Tea Music vol.1」

なんとか無事…?に開催できました。

 

pinca la trioでは一度出演させてもらっていた、荻窪Bungaを会場に、お昼時のライトな音楽イベントにしよう、気楽にランチの後にふっと寄れるような…そんな感じで最初は話を勧めていたんですが、メンツが組み上がってきたら、あら、これはなんだか深夜番組みたいなこってり感が…

 

CANVAS OF MUSIC

我々カンバスは、前回から加入のサックスとろっちが引き続き参加、アンサンブルをあれこれ試してみつつ…

さとなをの歌う「好きな人」もだんだん雰囲気になってきたかな。今年のカンバスは、メンバーの魅力をどんどん出していきたいのです。

 

矢野ナヲト(テルミン)

続いてのテルミン矢野君は、安定のトークとパフォーマンス。
なんかもう、確立しましたね、話術。すごい。
大倉山での大会場でのコンサートを経て、筋がびしっと通った演奏でした。

 

グリドルズ

そして問題のコーナー、某ハンバーガーチェーンの愛を歌うユニット「グリドルズ」の、初東京公演でした。公演て。

最初は、合間の10分にちょろっと余興的に…と考えてたんですが、会場にプロジェクターがある!と話を聞いた瞬間に、いろんな映像が浮かんでしまい、いろいろそっちのけで作ってしまいました。

著作権的に、とてもネットで公開できる映像ではないので、あれは…会場にいた人たちのハートメモリーにインプットしてロックかけてそっとしておいてください…でも、一応他の曲の分の映像もそっと準備しますので、いつか、どこかで…

 

島田 塁

で、やっとご一緒できた「島田塁」君。

日吉のNapで出会い、曲と歌声に衝撃を受けて、これは絶対にご一緒したい…と願っていたのが叶いました。

彼のギターには「間」があって、その空気感ごととても気持ちがいい。初めて聴くお客様も多かったと思いますが、みんな聞き入っていましたね。

そして、サプライズでカンバスの曲「天秤座への旅」を!自分の曲のはずなんですが、まったくもって塁くんの曲になってました…あのサングラスは感涙を隠すために…

 

フジモン with マダムキラー

グリドルズが荒らした会場を、塁くんが一瞬にして素敵な空間にしてくれたのに、またステージが変な雰囲気に。

今日デビューとなる、フジモン with マダムキラーです。

フジモンをセンターに、POP RADIOのベースきたっぱら、カンバスのドラムうえっち、そしていつのまにか僕も巻き込まれてしまいましたが、このバンドのキモはなんといっても、フジモンの本当の義兄弟であるEGエノ兄さん!義兄弟同士の泣きのギターは、これからなんか面白くなりそうです。キャラ設定がまだ定まってないようですが、大人の真面目な悪ふざけ、こちらもじわじわ活動していきましょう。

 

最後は出演者総出で、The Beatlesの「Hello, Good bye」を強行するという、かなりベタなエンディング。塁くんは歌知らなかったし、フジモンはポールのキーが出ないし、カンバスのドラムうえっちに至っては「実は僕…ビートルズアレルギーなんですよ…」とカムアウトされる始末。ごめんね、もうしないから…

昼ライブということで、打ち上げ会場(串かつの田中さん)に行ってたこ焼きパーティって呑んで呑んで呑んでもまだ外が明るい!

これからは昼、やりましょね。