2017/2/25 Afternoon Tea Music Vol.1

フジモンとの共同開催による、しかもランチどきの昼イベント

「Afternoon Tea Music vol.1」

なんとか無事…?に開催できました。

 

pinca la trioでは一度出演させてもらっていた、荻窪Bungaを会場に、お昼時のライトな音楽イベントにしよう、気楽にランチの後にふっと寄れるような…そんな感じで最初は話を勧めていたんですが、メンツが組み上がってきたら、あら、これはなんだか深夜番組みたいなこってり感が…

 

CANVAS OF MUSIC

我々カンバスは、前回から加入のサックスとろっちが引き続き参加、アンサンブルをあれこれ試してみつつ…

さとなをの歌う「好きな人」もだんだん雰囲気になってきたかな。今年のカンバスは、メンバーの魅力をどんどん出していきたいのです。

 

矢野ナヲト(テルミン)

続いてのテルミン矢野君は、安定のトークとパフォーマンス。
なんかもう、確立しましたね、話術。すごい。
大倉山での大会場でのコンサートを経て、筋がびしっと通った演奏でした。

 

グリドルズ

そして問題のコーナー、某ハンバーガーチェーンの愛を歌うユニット「グリドルズ」の、初東京公演でした。公演て。

最初は、合間の10分にちょろっと余興的に…と考えてたんですが、会場にプロジェクターがある!と話を聞いた瞬間に、いろんな映像が浮かんでしまい、いろいろそっちのけで作ってしまいました。

著作権的に、とてもネットで公開できる映像ではないので、あれは…会場にいた人たちのハートメモリーにインプットしてロックかけてそっとしておいてください…でも、一応他の曲の分の映像もそっと準備しますので、いつか、どこかで…

 

島田 塁

で、やっとご一緒できた「島田塁」君。

日吉のNapで出会い、曲と歌声に衝撃を受けて、これは絶対にご一緒したい…と願っていたのが叶いました。

彼のギターには「間」があって、その空気感ごととても気持ちがいい。初めて聴くお客様も多かったと思いますが、みんな聞き入っていましたね。

そして、サプライズでカンバスの曲「天秤座への旅」を!自分の曲のはずなんですが、まったくもって塁くんの曲になってました…あのサングラスは感涙を隠すために…

 

フジモン with マダムキラー

グリドルズが荒らした会場を、塁くんが一瞬にして素敵な空間にしてくれたのに、またステージが変な雰囲気に。

今日デビューとなる、フジモン with マダムキラーです。

フジモンをセンターに、POP RADIOのベースきたっぱら、カンバスのドラムうえっち、そしていつのまにか僕も巻き込まれてしまいましたが、このバンドのキモはなんといっても、フジモンの本当の義兄弟であるEGエノ兄さん!義兄弟同士の泣きのギターは、これからなんか面白くなりそうです。キャラ設定がまだ定まってないようですが、大人の真面目な悪ふざけ、こちらもじわじわ活動していきましょう。

 

最後は出演者総出で、The Beatlesの「Hello, Good bye」を強行するという、かなりベタなエンディング。塁くんは歌知らなかったし、フジモンはポールのキーが出ないし、カンバスのドラムうえっちに至っては「実は僕…ビートルズアレルギーなんですよ…」とカムアウトされる始末。ごめんね、もうしないから…

昼ライブということで、打ち上げ会場(串かつの田中さん)に行ってたこ焼きパーティって呑んで呑んで呑んでもまだ外が明るい!

これからは昼、やりましょね。