あかがね色のシルエット

NAGAYAMA TOURS
新曲「NAGAYAMA TOURS」絶賛制作中。
今度の9/22の永山フェスでは、初めて「マクドナルド前ステージ」に出演させていただくんだけど、今回このステージに出るに当たって、委員会の方からこんな宿題が出た。
「なにか永山に関する歌を、できたら新曲を作ってほしい。」
これは面白い提案!こんな風にお題をもらってつくるのも初めて。いざ自分の故郷であるこのエリアについて歌を作るとなると、さてどうしたものかと頭を悩ます。永山ばんざーいソングではありきたりだし、もっと外側から観るこの土地を歌いたい、なにか旅をしてたどり着くような感じにしたい…と考えていたら、脳裏に浮かんだのは「京王電鉄」の文字。毎日行ったり来たりで利用させてもらってる貴重な電車。このラインなくして、この生活は語れない…とそこからアイディアが膨らんできた。
新宿の地下ホーム、準特急に乗って明大前を過ぎ、調布で向いの橋本行きに乗り換える。この時、このまままっすぐ行って高尾山にいくのもいい、また八王子方面でメシでも食うのもいいと、色々ワクワクする瞬間なのです。まあだいたいは、そのまま大人しく橋本行きに乗り込むのだけどね。
乗り換えた京王相模原線は空気感が違う。なんかこう、緑の香りがするのです(マジ)なんとなくほのぼのした人々の顔つき、帰路につく安心感、多摩川を渡る陸橋で富士山を見ちゃったときには一気にムネのつかえが取れる開放感にもつながるんだよなぁ。
橋を渡ると一気に景色が変わり、山の上には、あかがね色の鉄塔、大きな崖を横目に左右にせまる森を抜ける行楽列車のようになってしまうのです。その先に、僕の住んでる永山はある。
こんな気分を、歌にしてみました。んでタイトルが「NAGAYAMA TOURS」(笑)
昨日ようやくデモができて、構成が見えてきたので今週末のリハでメンバーにぶつけてみるのです。今回はコーラスが多く、ほとんど第二歌メロみたいなもんなので、がんばってもらわんと。
9/22にお披露目すべくがんばります。ぜひ、聴いてくださいナガヤマツアーズ!

カテゴリーblog