rebirth2周年記念企画「We got a friend Vol.2」~Tribute for Kazuo~

DSC00764.jpg
Photograph by Takaaki Yamawaki
ちょっと長い「出張」にでかけちゃったQuestions?のカズヲをいじり倒す周年パーティも今年で2回目。
ってことは錦糸町rebirthは2周年ってことですね。
すごいね2年もったね(笑)
今年はドラムの上原が仕事で出られないということだったので、また誰かサポートいれて…と思っていたところ、チューバッカ店長のSHIDAXから「おめぇたまにはソロでやれや!」と温かいお言葉をいただいたので、まったくのソロでもぐりこんでみました。
前にガソリンズ、後ろにThe 3Channelという、ロケンローラーに挟まれる出番ということで、これはもうおもいッきり空気変えてみよう…ということで、最近の曲の中でも
「死んじゃって申し訳ない」
「空想って大切だけど、しすぎるとやばくね?」
「夜中のカーテンの陰で貴方をストーキング(気持ち的に)してます」

的な、微妙な空気感の曲をあえてチョイス。

1. T.O.Y(ソロ弾き語りver)
2. パスルの答え
3. サルヴァトーレ南へ(NEW)
4. 空想のもたらすもの
5. 天秤座への旅(NEW)

今年つくった曲がどっちも「死んだ後の気持ち」を無意識に歌っていて、大昔PAGODAの店長が亡くなったときにつくった「さっきまで」と合わせて、僕の「喪失三部作」になっております。これはやっぱり、去年今年と連続で父が亡くなったことの経験からくることは間違いないんですが、僕は「死」を寂しいもの、悲しいものというよりは「ちょっと手紙とが届きづらい外国」くらいに感じておりますので、どれも旅立つ人を良く見送りたい、旅立つ自分から、相手にちゃんと伝えたい、という主題になってます。これはカズオへの気持ちでもあるし、手紙になればいいなと思い、歌わせていただきました。よ。
イベントは湿っぽくなる瞬間はみじんもなく、秋葉原PAGODA時代の同窓会めいて本当に楽しかった。20代、30代のギラギラしていた時代をともに過ごした「同期」的な感覚があるのかな。みんなジャンルは違えど、当時の空気を一緒に吸った身として、やっぱり顔を合わせれば嬉しいもんです。
来年はしっかりバンドで出たいなぁ。それよりも、来年ちゃんと出場できるように、痩せなきゃ…(白目
【出演】
少年☆ZERO/ガソリンズ/CANVAS OF MUSIC/The 3channel/矢野 ナヲト/POP RADIO