もっと遊ぼう

目に見えないバスに轢かれそうになって
君の心は挫けている
まだドアも開けていないのに
靴も履いていないのに

薄紫の空をカーテンが
君の心ごと隠している
そこに行くには切符はいらないよ
少し窓を開けてみてごらんよ

もっと 遊ぼうもっと
遠くまで行ける足を動かしてもっと
歌うもっともっと夜が覚めて
朝が燃えてしまうまで

つぶやくのは非道いことを言う人たち
君の瞳を曇らせている
組み立てられないパズルさ
ちょっとゆっくりしたいよね

ささやくのは怖いことを言う人たち
君の気持ちは乱れてゆく
少し顔を上げてごらんよ
せっかくの景色 今しか観れない

もっと 遊ぼうもっと
遠くまで行ける足を動かしてもっと
歌うもっともっと夜が覚めて
朝が燃えてしまうまで